ダメージ補修効果

まずは髪にダメージが生じるメカニズムに関してですが、これは頭皮の状態が不適正となり、皮下組織である孟母細胞の健康状態が劣化し、新たに生えて来る頭髪のキューティクルが痛み始める、更には毛髪自体の栄養状態が悪化する流れで生じます。多くの方々はダイレクトにキューティクルを補修せねばならないとの解釈から、紙の表面のケアに意識が集中しがちですが、実際に重要なのは頭皮の状態を正常に戻す作業であり、ダメージ補修シャンプーはこの効能が謳われる製品と位置付けられています。

ここで着目すべき含有成分として、アミノ酸の存在が見逃せません。状態が劣化した頭皮は非常に繊細で、強い化学成分を含有するシャンプーや整髪料の刺激に耐え切れず、更に状況を悪化させてしまうリスクが否めません。頭皮への負担がかからないアミノ酸を洗浄成分の主成分としたシャンプーを選択する事で、まずは頭皮の状態の更なる悪化を防ぐ必要が欠かせません。ダメージ補修シャンプーの選択に際しては、口コミなどの評判などは参考情報として冷静に真偽を判断の上、候補に挙げた商品の主成分がアミノ酸であるか否かのチェックを徹底してください。勿論アミノ酸自体はキューティクルを保護する役割も担う有効成分であり、頭髪自体にもプラスの効果を届けてくれます。